top of page
  • 執筆者の写真LUCKIT

Googleビジネスプロフィールの操作画面・ブラウザ、アプリの違い





こんにちは、GooglePartnerのLUCKIT古庄です。


2023年10月にGoogleビジネスプロフィールの管理画面や、設定項目がアップデートされ、新たな項目として「ソーシャルプロフィール」が追加されているのは、前回のブログでご案内した通りです。


GoogleビジネスプロフィールにSNS対応の新機能追加【2023年10月版】設定方法 https://www.luckit.jp/post/googlebusinessprofile_snssetting



今回は、Googleビジネスプロフィールの管理を行う際に表示される画面の違いをご案内します。

※2023年10月27日現在時点のものになります。


今現在、Googleビジネスプロフィールの設定や、更新、項目の修正などは、ブラウザとGoogleMapアプリからアクセスできます。

もちろん、パソコンのブラウザからも可能です。


パソコンのブラウザと、スマートフォンのブラウザに表示される設定項目や、画面は同じなのですが、今回、GoogleMapアプリから管理画面を表示したときに一部変更された箇所がありました。


管理画面の表示の違い


以下の画像は、iPhoneのブラウザと、GoogleMapアプリからGoogleビジネスプロフィールの管理画面を開いたものです。




GoogleMapアプリの管理画面


ブラウザで表示した管理画面


ブラウザで見た時は、これまでと同様ですが、GoogleMapアプリから見たときには、アイコンの一部が変更され、パフォーマンスの数値が表示されるようになっています。



GoogleMapアプリで見た管理画面


GoogleMapアプリの管理画面では以下の項目が表示されなくなっています。

・商品を編集

・パフォーマンス

・レビューを依頼


ブラウザの管理画面では表示されていて、パフォーマンスにおいては、GoogleMapアプリの管理画面内のパフォーマンス箇所にある「詳細」をタップすることで、これまでと同じパフォーマンスの中身が閲覧出来るようになっています。




操作が簡単になっている今、設定をおすすめします。


Googleビジネスプロフィールの需要はどんどん多くなっていると思います。

お出かけの時、旅行の時、はたまた、気になるお店があったときなどいろんな場面で利用されています。


Googleビジネスプロフィールは、店舗側で設定しなければ管理はできませんが、情報の掲載は一般のGoogleユーザーでも情報をアップすることが出来ます。


なので、以前から有名なお店や、評判のお店さんについては、お客様が写真をアップされたり、クチコミを入れたり、住所や、営業時間などを修正してくれたりもします。


今後、新店舗を出店される、または、思ったキーワードで検索結果やGoogleMapに店舗が表示されない場合は、設定を見直されてみると良いかもしれません。

閲覧数:21回0件のコメント

Comments


bottom of page